肌が弱いので化粧できない・・・そんな時はどうすればいい?

30代や40代でも、たまにノーメイクの女性を見かけます。

なかには、肌が弱いのが原因で化粧ができない人も。

症状はさまざまですが、

「肌が弱くて、化粧ができない」

と、悩んでいる女性は、意外に多いのです。

この記事では、肌が弱くて化粧ができない時の対処方法を、ご紹介します。

化粧ができず困っている、あなたの参考にしてくださいね。

肌が弱い原因ってあるの?弱い肌と上手につきあっていこう

肌が弱いといっても、人によって症状はさまざまです。

生まれつき肌が弱い人もいれば、急にアレルギーなどで発症する人もいます。

一部の化粧品なら肌に合う人もいれば、全く受けつけない人も。

まず、肌が弱いのは、何か原因があるのか調べてみましょう。

肌が弱い原因

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 季節の変化

などの、外的な要因や刺激から発症する場合と

  • 栄養バランスの乱れ
  • 体内バランスの乱れ
  • 精神的なストレス

などの内的な要因やストレスから発症する場合があります。

原因はひとつではありません。

色々な要因が複雑に影響しあい、ひどくなります。

治すといっても、完治するのはかなり難しく、時間も必要です。

肌状態が悪くならないように、上手に付き合っていく方法を考えましょう。

肌が弱いと化粧をしない方がいいの?化粧ができない時の対処法

肌の状態が悪いときは、できるだけ刺激をしない方が良いでしょう。

肌を刺激することで、さらに悪化させたり、長引くことになるからです。

では、化粧が出来ない時は、どうすれば良いのでしょうか。

目元のポイントメイクで乗り切る

メイクが可能な肌の状態ならば、目元だけポイントメイクをします。

ファンデーションなどつけていなくても、多少はごまかすことが可能です。

目元をメイクするのとしないのとでは、印象が変わってきます。

無理なら、眉毛だけでも整えるようにしましょう。

目元がすっきり見えます。

肌状態を少しでも良い状態に!

肌は、ターンオーバーがあるので、日々、状態が変化していきます。

少しでも良い状態を維持できるように、食生活を見直してみましょう。

できるだけ、規則正しい生活をすることも大事。

皮膚の細胞分裂や再生は、睡眠中に行われていると言われるからです。

ですから、睡眠不足は、お肌にとっては大敵となります。

睡眠は、しっかり取るように心がけたいところですね。

皮膚科で相談してみる

「病院は、大げさな感じがして行けない」

「しばらくしたら治まるし、病院に行くほどでもないような気もする」

と、躊躇しているあなた。

病院で相談するだけでも、精神的にラクになることもあります。

もしかすると、自分が思ってもいなかった原因が、見つかるかもしれません。

また、皮膚科推薦の化粧品や薬などで、あなたの肌に合うものがあることも。

今後の対策を考えるうえでも、一度、専門家に診てもらうことをおすすめします。

最終手段はマスクで

マスクをすると、顔の半分は隠れますから、化粧をしていなくても分かりません。

帽子や日傘を活用して紫外線を防ぎ、外からの刺激から肌を守りましょう。

できれば、日焼け止めだけは、必ず塗っておきたいところです。

肌が弱くて化粧ができない私が使っているのはこれ!

実は、私も肌が弱く、メイクには苦しんできました。

私の場合、肌が反応するのは、化粧水や乳液などの基礎化粧品。

肌に合わないものをつけると、すぐに反応します。

痒くなったり、赤く腫れたりしました。

ひどい時は、自分の髪の毛でさえ、肌に触れて反応します。

合うものを探すといっても、地道にいろいろ試すしか方法はありません。

肌に合うものを見つけるまでは、膨大な時間とお金がかかります。

今、私が使っているのは、

  • ナチュリエ:ハトムギ化粧水スキンコンディショナー
  • 新日本製薬:パーフェクトワンモイスチャージェル

このふたつを使い分けています。

肌が乾燥している時や冬場は、パーフェクトワンモイスチャージェル。

夏場や吹き出物が出始めたら、ハトムギ化粧水を多めに。

肌の様子をみながら使っています。

実は、ハトムギ化粧水の方は、ニキビを気にする子供のために購入したものです。

試しに使ってみたら、自分の肌に合ったので驚きました。

ハトムギは炎症を抑える効果が、期待できるようです。

値段が安く大容量なので、気兼ねなく使えるのも気に入っています。

もし、まだ使っていないならば、一度試してみてくださいね。

肌に合った化粧品を使っても、季節の変わり目には、肌荒れがひどくなります。

メイクができない日も・・・

しかし、ここ数年は、大きな肌のトラブルもなく過ごせています。

肌が弱くて化粧ができないことについて

化粧をしていないと

「ダメな人間」

「女を捨てている」

という烙印を押されてしまいがちです。

きっちりとメイクをしている女性からすると、怠慢に見えるのかもしれませんね。

何気なく言った心ない言葉が、言われた本人には、深く突き刺さることもあります。

精神的なストレスが肌のトラブルにつながることも。

やはり、女性ですから、見た目に関して言われると、人前に立つことが辛くなります。

でも、人柄は、肌の状態と比例しません。

心ない言葉を言う人には、あえて笑顔で接しましょう。

女性らしさは、メイク以外で表現すれば良いのです。

マスクをしている時は、表情が分かりにくいので注意が必要。

周りの印象が悪くならないように、柔らかい口調で話すように心がけましょう。

肌に合う化粧品を見つけて、肌の状態が良くなると、少し気持ちも変わります。

あなたもあきらめないで、自分に合う化粧品を見つけてくださいね。

酵素サプリランキングーでは、人気の酵素サプリの口コミや効果を徹底調査しています。

酵素サプリ選びでお悩みであれば、是非参考にしてください。

酵素サプリランキングを確認