酵素の大敵?食品添加物の取り過ぎを気にした方がいい?

私は母の便秘解消のために、酵素ドリンクや酵素サプリメントを調べています。

それで、先日、酵素ドリンクは、無添加じゃないと意味が無いと書きました。

なぜなら、食品添加物は酵素を大量に消費するため、酵素ドリンクの中に入っていては、酵素の敵を体に入れることになるからです。

今回は、この食品添加物について考えてみます。

酵素の大敵は食品添加物?

酵素はダイエットに効果があるし、母の便秘解消になると思って、私と母は酵素ドリンクを試しました。

しかも、酵素の大敵である食品添加物を含まない酵素ドリンクです。

しかし、普段の食事で食品添加物を含んだ食べ物を食べていれば、全く意味が無いのではないか。

知らないふりをするという手もあったのですが、思い切って調べてみました(笑)

やはり食品添加物は酵素の大敵のようですが、そもそもなぜ食品添加物が酵素を大量に消費するのか?

基本的なことから学んでみたいと思います。

食品添加物が酵素を消費する理由

食品添加物が酵素を消費するのは、食品添加物が体にとって良いものではないからです。

簡単に言うと食品添加物は、体には毒とみなされています。

ですから、酵素が解毒のために働いているのです。

普通に考えて食品添加物が体にいい訳がありません。

例えば、

  • 保存料
  • 着色料
  • 甘味料
  • 香料
  • 酸化防止剤
  • 増粘安定剤
  • 乳化剤
  • 調味料

等ですが、よく見る食品添加物ばかりではないですか。

昔よく見た真っ赤なウインナーなどは、間違いなく着色料を使っています。

食品添加物

引用元:Wikipedia

食べ物に色を塗ったり、腐らないように保存料を加えたりすることは、商品を売るためには必要でしょう。

でも体のことは考えていません。

なかには食品添加物がオンパレードのような食べ物だってあります。

コンビニやスーパーなどの加工食品は、ほぼ食品添加物が入っているでしょう。

こんな状態では、いくら体内で酵素を作っても追いつかないはずです。

酵素は本来の働きをする前に、食品添加物との戦いで疲れそう。

食品添加物で酵素が不足するのは?

実は食品添加物で酵素が消費されるのは、酵素が食品添加物を無毒化する時だけではないらしい。

なんと食品添加物を酵素が無毒化すると、活性酸素が発生するとのこと。

活性酸素をご存知ですか?

人間の体を酸化させ、老化の原因ともいわれる怖い物質です。

通常の生活をしていても発生するのですが、それくらいはウイルス退治のためにも必要。※活性酸素は、外部から入ってくるウイルスを退治してくれます。

ですが、増えすぎると怖い存在になる。

この活性酸素を除去するのも酵素なんだとか。

酵素って本当に私達にとって必要不可欠な存在です。

ですが、ここまで働くと現代人が酵素が少ないのは、当たり前のような気がしてきます。

酵素のためにも食品添加物を気にする

あなたは、

「食品添加物のことを気にしていたら、食べる物などなくなってしまう」

と言うかもしれません。

ですが、私は食品添加物を気にするようにしたい。

多分、都市伝説だと思いますが、現代の日本人は保存料の摂取が多いため遺体が腐らないという。

それにコンビニ弁当や、某有名ハンバーガーショップのハンバーガーは、腐ることがないらしいですよ。

どんだけ保存料が入っているのでしょう。

怖くなりませんか。

ネット上で調べると、14年前から変わらないハンバーガーの写真を見つけることができます。

14年前のハンバーガーが、腐らずに最近作ったハンバーガーと何も変わらない姿は、異様としか言いようがない。

それを見た後に、私はハンバーガーを食べる勇気がなくなりました。

今まで、そんな食品添加物まみれの食べ物を、私たちは食べているんですよ。

便秘や痩せにくい体で済んでいるのが、不思議なくらいかもしれません。

あなたや私の体は、相当頑張っています。

ですから、これからは、体をいたわり食べ物に気をつける。

それプラス、酵素ドリンクや酵素サプリメントで、酵素が補給しやすい環境を作ってあげましょう。

早い段階で、体のメンテナンスに興味を持ったほうがいいと思います。

あなたが食生活の改善を、検討することを祈っています。